Fistula(フィスチュラ)とは・・・

分娩時に児頭が産道を長時間圧迫することにより母体の膀胱・膣・直腸などの組織が壊死し、瘻孔が形成される。 その結果、 膣から尿・便が漏出し続ける。日常生活や社会生活に甚大な影響を及ぼす、分娩停止や分娩遷延の合併症。

「産科(バース)フィスチュラ」=瘻孔

産科(バース)フィスチュラの過酷な現実

<瘻孔のサイズ>
   1~3㎝程度が多い。6㎝以上の瘻孔もある。
<分娩所要時間>
   2~3日の分娩で発症。   ※ナイジェリア北部では4日間以上の陣痛

フィスチュラを発症した分娩の

7~9割は死産に終わる

無用の厄介者扱い

女性の生殖能力が重要視される地域では、死産を経験した上にフィスチュラを患った女性は、家事も農作業にも従事できず、夫や家族から見放され、小屋で一生を過ごすこともある。

コミュ二ティから外される

ホームレス・物乞い

社会的孤立

過酷な生活を余儀される

途上国で発生する「3つの遅れ』

➀医療施設で処置を受けることを決定するまでの遅れ
       本人や家族の教育不足から受診の必要性を理解できない。
       金銭的な問題も含む。

②医療施設に到着するまでの遅れ
        都市部から遠く離れた農村部や山岳地帯で起こる。
        インフラ整備不良、経済的理由。

③到着後に適切な処置を受けるまでの遅れ
       病院に必要な医療機器や衛生材料がない。
       専門職者がいない。混雑している。

1974年,エチオピアの首都アジスアベバに開院。
産科フィスチュラ治療の先端センター。
2万件以上の無料施術実績。手術成功率95%以上。
包括的なケア(リハビリ・学習・社会支援)の提供。
助産師学校を設立し,助産師の育成と地域へ派遣。
諸外国からの視察受け入れ。スタディーツアー。

信念: 世界中の女性が孤立した悲劇的な人生を強いられるべきではない

出資: 19ヶ国38施設を拠点。どの非営利組織よりフィスチュラ修復手術に出資

拠点: カリフォルニア州サンノゼ

評価: Charity Navigatorより12期連続で4つ星の評価

   この評価を受けている慈善団体は全体の1

PAGE TOP